GodHandFix

大阪でiPhoneやAndroid/iPad修理ならGodHandFix住吉本店にお任せ下さい。地域最安値のスマホ/タブレット出張修理オススメ店。大阪市(東住吉区|住之江区|平野区)堺市・松原市などエリア拡大中。

修理レポート

  • 和歌山市からiPadAir2のドックコネクター交換郵送修理依頼

    2020.04.24

    こんにちは
    iPadドックコネクター、iPhone液晶修理、家電製品周辺機器、PCキーボード、携帯電話、タブレットの液晶修理しているGodHandFix大阪住吉本店です。

    iPadAir2ドックコネクターの修理レポート

    和歌山県和歌山市iPadAir2の充電ができない症状で、当店に郵送修理のお問い合わせがありました 。

    iPadAir2ですがライトニングケーブル接続しても全く反応がしなくて充電ができない状態になっていました。

    電源は入るのですがバッテリーの残量がなくてすぐに電源が落ちてしまうので、動作のチェックはできませんでした。

    早速ですがアイパットエアー2の修理に取り掛かっていきます。

    まず最初にiPadの液晶パネルの取り外す作業をおこなっていきます。

    液晶の取り外すには特集な機械が必要になってきます。

    設定温度は80度まで温めて粘着力を弱くなってからピックをパネルの隙間から差し込んで、パネルを剥がしていきます。

    剥がすのにはかなり慎重にはがしていかないとガラスが割れたり、液晶にダメージを受けてしまうことがあるので、注意しながら作業をおこなっていきます。

    液晶パネルが奇麗に剥がれましたら次はケーブルを取り外して基板を取り除いていきます。

    そこあらドックコネクターを取り除く作業を行っていきます。

    iPadのドックコネクターを取り除いて新しい部品に交換

    iPadのドックコネクターを取り除く際ははんだこてが必要になってきます。

    取り除くのはかなり難しい作業になり少しでも温度の調整などを間違ってしまうとパターン剥がれなどの原因で、修理が不可能になってしまうこともあります。

    (パターンとは人間に例えると血管に当てはまる部分になります。)

    ドックコネクターをはんだごてで熱を加えて少しづつドックコネクターを剥がしていき残ったはんだを吸取線で吸い取りはんだを新しくつけていきます。

    新しいドックコネクターを溶けた鉛はんだの上に乗せてはんだごてで軽く押していけば鉛とドックコネクターが融合したら修理が全て完了になります。

    充電ができるかの確認が取れたら逆手順で組立てもとに戻していきます。
    それですべての作業は終了にです。

    アイパットの修理などを考える前にすぐに修理に出すことをおすすめします。

    店舗情報

    iPhoneやAndroidなどのスマートフォン(Android)、iPadやApple WatchなどのApple製品全般
    その他PC、携帯、ゲーム機にも幅広く修理・修繕対応しております。
    ■スマホ出張修理エリア
    <大阪府全域>・大阪市全域(東住吉区、住之江区、平野区など)・堺市全域(北区、東区、美原区など)・松原市その他の出張エリア拡大中。各エリアと出張料金の詳細についてはこちらから
    ■郵送修理エリア
    原因不明、水没故障や基板修理など、なんでもお任せください。
    北海道〜沖縄まで、日本全国どこからでも対応。

    【GodHandFix大阪住吉本店】
    営業/受付時間 朝10時~深夜2時30分 深夜営業
    大阪府大阪市住吉区我孫子東1丁目9-25 プラザアビコ206

    ◇修理のご相談・無料お見積り問い合わせ先
    電話でお問い合わせ06-6569-9700
    LINEで24時間対応のお問い合わせFacebookTwitter共有

  • 修理レポート一覧へ

CONTACTお問い合わせ

来店のご予約や修理の詳細などはこちらから
お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP ページの先頭に戻る